「テレビで会えない芸人」松元ヒロに映画で会う! 2022.6.29


 本日6月29日、山口情報芸術センター(略称YCAM)で「テレビで会えない芸人」松本ヒロに映画で会ってきました。


 私が、松本ヒロに初めて会ったのは、本年1月23日山口市民会館でソロライブに行った時でした。(ブログ「『松元ヒロ』ソロライブを見に行く!~私の趣味(14)2022.1.23)その時に、この映画「テレビで会えない芸人」の話をされていました。時の政権批判もあり、スポンサーの付くテレビ局の放送には載りにくいというヒロさんの映像ですが、ヒロさんの地元鹿児島放送局が特集番組を組み、それが数々の賞を取ることになりました。(上のポスターに賞の紹介があります)それを見た大手テレビ局フジテレビなどの協力により、この映画が出来上がり、全国公開されているといいます。


 ただし、当時は大手シネマコンプレックスでの上映はないだろうと言われていましたが、それなりのシネコンでの上映はあるようです。ただ、山口県には来ません。YCAMの会員である私は、思い切ってYCAMの映画担当の方に会いに行き、「YCAM企画の『松元ヒロソロライブを見て、とてもよかったです。ワイカムシネマで『テレビで会えない芸人』をぜひ見たいのですが、どうにかなりませんか?」と、頼み込みました。すると担当の方は、あっさり、「6月から7月に、上映を計画していますよ。」と、おっしゃるではありませんか。ただし、6月27日~7月3日の1週間限定です。私が行けるのは、今日しかありません。


 私が、ブログを書いた1月23日から日を置かず、朝日新聞に松本ヒロの記事が2本載りました。2月4日「何となく『テレビに出せない芸人』」と3月24日「空気読み政権の『ポチ』に」です。テレビには出ないけれど、松本ヒロさんたちを応援する人たちやマスコミもいることが分かります。


 本日の映画の上映も、平日の午前中でしたが、年配の方が多く(中には若い人も)ミニシアターのワイカムシネマとしては、まあまあ上々の入りのように思いました。ソロライブのように、声を出して笑うとか、拍手をするということは、さすがにありませんが、ライブにないその裏側の苦労や努力、家族との食事や会話もふんだんに取り入れられて、違った楽しみを満喫することができました。


 松元ヒロさんは、1年間に2百数十回も講演をするといいます。ワイカムシネマの入り口のチラシ差しには、7月1日宇部市多目的ふれあいセンター、7月2日スターピアくだまつ展示ホールのチラシがありました。私は、残念ながら行けませんが、松本ヒロさんの活動をこれからも応援したいと思います。字幕に出ていた、ヒロさんの年齢は、66歳。ひょっとして同級生?お互いアクティブシニアの年齢、力のある限り頑張りましょう。

閲覧数:66回0件のコメント