お客様を紹介してもらいました(2) 2021.9.22

 Aさんから次に連絡あったのは、お盆の過ぎた8月18日でした。「遅くなってすみませんでした。確定申告の書類を探していました。用意できましたので、お店に来てもらえますか?」と電話がありましたので、早速書類を抱えていきました。


 Aさんは会うとすぐに「山根先生に会えてよかったです。支援金の申請を誰に相談したらいいか、困っていました。」といいます。先生といわれるのは、面はゆい感じがしますが、会話を進めなければいけません。コロナの起こった2019年と昨年の2020年の確定申告書と毎月の売上高は確認できる資料を確認します。「うーん、弱ったな。分かりずらい。」なんとか、Aさんのお話を聞きながら、理解を深めながら資料をコピーしてもらいました。以前は、2~3人の方を雇って美容院をやっておられたのですが、今は1人で切り盛りをされているので、大変そうです。そして、弁護士や税理士と顧問契約を結んでいた時期もあるといいます。


 日本の中小企業・小規模事業者は、企業全体の99%を超えます。そして、中小企業・小規模事業者の減少率は、劇的に加速しています。コロナの影響を受ける事業者も多くあります。Aさんと話して、中小企業支援をしなければいけない、行政書士としてやれることがあるのではないか、という思いを強くしました。会計記帳、支援金・補助金の提案、経営・事業活動全般のコンサルティングなどできるように、スキルアップが必要です。(つづく)

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

10月2日に、岡本栄税理士さんが、やって来ました。ブログ「事務所開業日は忙しい」2021.9.6で紹介した税務署から会計や青色申告の記帳指導を年4回行うというものです。 ブログ「ミッション3は会計処理(2)」2021.9.20に続くものにもなるかもしれません。前日の10月1日までに、9月中の会計整理を弥生会計で行い、税理士を待ちます。 事務所に来られた岡本税理士は広島で税務署職員をされていたといい