やまぐち高度技術者・研究者OB等人材バンクに登録する           2021.9.26

更新日:2021年10月4日

 8月23日、同級生の大宮君に「山口県よろず支援拠点」を紹介されたその日に、(公財)やまぐち振興財団に連絡を取りました。今年4月にJR新山口駅北口に山口市産業交流拠点施設「KDDI維新ホール」がオープンしました。そこに、「山口県よろず支援拠点」も(公財)やまぐち産業振興財団もあります。(公財)やまぐち振興財団には、写真友だちの加藤さんがいます。


 加藤さんに、「山口県よろず支援拠点」のことを聞いていると、「やまぐち高度技術者・研究者OB等人材バンク」にも登録してみませんかと言われました。「OB等人材バンク」とは、「県内中小企業の研究開発や経営力の向上を促進するため、専門知識や技術等を有するOB人材と支援が必要な企業が登録するものです。企業の求めに応じて、OB人材をマッチングする」ものです。


 実際に、登録書をパソコン上に書いて、加藤さんに話をしました。「OB等人材バンクは、主に理系の技術者・研究者を求めているのでしょうか、文系のものには書きにくいものですね。そして特別な技術・研究といわれると自信がありませんけど…」加藤さんは、「確かに、技術系を中心に募集が始まったので、事務系の方が書きやすい書式も考えないといけないですね。ただ、県内企業の中には申請書の書き方がわからない、事務系の方を必要にしているところもたくさんありますよ。」と言われて、頑張って登録することにしました。


 9月26日現在、残念ながらマッチングは成立していません。(「やまぐち高度技術者・研究者OB人材バンク」で検索してもらえれば、私の登録内容を見ることができますよ。)


 


 

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月19日は、山口県行政書士会のリアルの業務研修会でした。研修会は、県行政書士会の顧問弁護士の中光弘治さんの「弁護士からみた遺言執行における留意点」の講義を中心になされました。私の9月9日のブログ「名刺配布は、最大のミッション(2)」で紹介したとおり、中光弁護士は、私の労働組合(全日本自治団体労働組合、略称自治労)の顧問弁護士でもありましたので、長いお付き合いがあります。 講義は、「第1章 遺言

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

今日は月初めで、とても忙しい日でした。 起きたらすぐに、昨日の衆議院選挙の結果のチェックです。朝日新聞と、日経新聞では最終結果が出ません。ネットで調べて、新聞に赤で訂正を入れます。なんと、与党側が意外に議席を減らしておらず、事前情報では議席増が伝えられた野党共闘した立民、共産の議席が減っています。野党共闘に入らなかった維新が大幅増と、いささか予測と違っていました。しかし、小選挙区制の中多くは、接戦