よろず支援拠点をぶち使う!(2) 2021.9.28

更新日:2021年9月28日


 8月30日は、よろず支援拠点セミナー第2弾「起業するときの必須アイテム!仕掛ける名刺づくりのポイント」です。私は、開業時の7月5日に名刺を300部作りました。(「名刺配布は、最大のミッション(1)」2021.9.8)2か月弱で残りの名刺は10部程度。ジャストタイミングでのセミナーです。


 コーディネーターの吉野貴晋(たかひろ)さんは、「はんだんしょこら 代表・グラフィックデザイナー」です。パンダ大好きなおちゃめな方です。

 吉野さんは、①「無料デザインツール『Canva』を使う」②「ピンタレストで、名刺案をイメージする」③「ラスクルで商品の注文をする」④「ホームページのQRコードを入れる」と、新鮮な話が盛りだくさん。ただ、私のこれまでの知識ではついていけません。とりあえず、いわれたことを、パソコンで確認する、そして、個別相談を予約しました。


 9月2日1時間程度という個別相談を受けました。私のパソコンで確認したこと、新しく名刺に入れたいこと①「支援金補助金コンサルタント」②「やまぐち高度技術者・研究者OB等人材バンク登録」③「中小企業支援に支援金・補助金・クラウドファンディングを追加」④「ホームぺージ検索とQRコード」⑤「電話番号は赤色に」を伝え、一緒に作ってもらいました。1時間の予定が30分オーバーしてしまいました。(すみません吉野さん。)

 

 成果物は上の名刺です。イメージ通りのものになったでしょうか?(字が全体的に小さくなって、見にくいかな?)300部で送料込みで、1,683円、最初の経費の約4分の1でした。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月19日は、山口県行政書士会のリアルの業務研修会でした。研修会は、県行政書士会の顧問弁護士の中光弘治さんの「弁護士からみた遺言執行における留意点」の講義を中心になされました。私の9月9日のブログ「名刺配布は、最大のミッション(2)」で紹介したとおり、中光弁護士は、私の労働組合(全日本自治団体労働組合、略称自治労)の顧問弁護士でもありましたので、長いお付き合いがあります。 講義は、「第1章 遺言

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

今日は月初めで、とても忙しい日でした。 起きたらすぐに、昨日の衆議院選挙の結果のチェックです。朝日新聞と、日経新聞では最終結果が出ません。ネットで調べて、新聞に赤で訂正を入れます。なんと、与党側が意外に議席を減らしておらず、事前情報では議席増が伝えられた野党共闘した立民、共産の議席が減っています。野党共闘に入らなかった維新が大幅増と、いささか予測と違っていました。しかし、小選挙区制の中多くは、接戦