アクティブシニア行政書士の挑戦 2021.9.3

更新日:2021年9月22日

 2021年7月1日行政書士事務所を開設しました。友人の協力を得ながら7月21日ホームページを公開、そして、本日9月3日ブログを公開しました。

 私は、大学を卒業して公務員として、43年働いてきました。65歳となり、アクティブシニアとしていざ働こうと思うと、地方都市には就労先はあまりない。自分の強みを生かした世の中に貢献できる仕事をしたい、という思いを実現するために何ができるだろうか、考えました。


 私の公務員生活、農業や下水道の経済関係、生活保護や国民健康保険の福祉関係、清掃工場など環境施設に関すること、など種々の仕事にかかわってきました。ゼネラリスト(何でもできる人)を目指して、頑張った公務員生活は、行政書士の仕事に生かせるのではないか、福祉や労働組合にかかわった時間は、これからの生活に生かしていけたら、どんなに素晴らしいことでしょうか。


 アクティブシニアと言われながら、活躍する機会に恵まれていない方も多いのではないでしょうか?私が、行政書士として、起業の苦労や楽しさを少しでも伝えることができたらと、思います。「アクティブシニア行政書士の挑戦」の応援をお願いします。私も、皆さんの生活や人生を力いっぱい応援します。


閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最初のお客様のAさんと話して感じたことは、中小企業はいろいろやることが多い、コロナ禍のこの1年半は特に経営的にも大変になっているということです。(行政書士事務所も同様ですが・・・)中小企業の支援を継続的に行いたい。私の仕事の柱の一つにできないものか?と強く思いました。 中小企業のコンサルタントは、国家資格としては中小企業診断士があります。必要であれば、資格を取ろうと思います。しかし、とりあえず、「