クラウドファンディングを調査し、提案する          2021.9.24

更新日:2021年9月26日

 8月20日にAさんの支援金を申請後すぐに、「有利な支援金や補助金」の調査を始めました。現在これらのものを全て一度に見るサイトはありません。一つ一つ探して見ることが必要です。小規模事業者持続者補助金(日本商工会議所)、新しい生活様式導入応援補助金(山口市)を提案しましたが、今すぐ必要か、お金をとりあえず全額払う、補助率が1/2程度で持出しが生じる、ということでAさんは見合わせました。


 そこで出てきたのが、「クラウドファンディング」です。クラウドファンディングについては、友人が山口県上関町で「上関まるごと博物館」を作るとき、利用したことを聞いていました。お金はある程度集まりますが、運営会社に20%弱の手数料を払わなくてはいけないことがネックになります。私が調べた「山口県クラウドファンディング(元気にやまぐち券)」は、その手数料は必要ありません。支援金の上限額は、50万円で、プレミアム分は50%です。現在第3期の募集中ですが、7億円の支援金に対して多くのお店が募集していて、終了の可能性があります。


 8月24日にAさんに概略を提案すると、大いに乗り気になられました。今回募集に応じていますと、借りに終了したとしても、再募集があった場合や来年度募集にはいかされます。私は、その後「クラウドファンディング基礎講座」を受講しました。Aさんは、募集の申請をされました。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

10月2日に、岡本栄税理士さんが、やって来ました。ブログ「事務所開業日は忙しい」2021.9.6で紹介した税務署から会計や青色申告の記帳指導を年4回行うというものです。 ブログ「ミッション3は会計処理(2)」2021.9.20に続くものにもなるかもしれません。前日の10月1日までに、9月中の会計整理を弥生会計で行い、税理士を待ちます。 事務所に来られた岡本税理士は広島で税務署職員をされていたといい