ミッション 2は、VOD研修 2021.9.11

更新日:2021年9月26日



 日本行政書士会連合会には、中央研修所のVOD(ビデオ・オン・デマンド)研修サイトがあります。パソコンでビデオ講習を受けるのです。行政書士の業務範囲はとても広く、官公庁の許可・認可申請だけでも10,000種以上あるといわれています。試験で受かった人もその試験と実務は大きく異なるといいます。また、弁護士には司法研修があり、税理士は2年以上の実務経験が必要です。司法書士や社会保険労務士もまずは事務所勤務し、実務経験を積むのが一般的です。それに比べ行政書士は、法定研修もなく、実務経験もなく開業せざるを得ません。まして、私のように公務員から行政書士になったものは、行政経験で行政書士業務に生かされることは少ないでしょう。(私の場合は、農地法は何度も見ており、なじみのあるものですが・・・)


 ですから、行政書士になった人たちはひたすら勉強が必要なのです。様々な勉強の機会はあるのですが、とりあえず事務所でパソコンに向かいながらできるこのVOD研修は手っ取り早くできるものです。「基礎法律研修」「建設業・計審」「外国人関連」「遺言・任意後見」「運送・自動車」「コンプライアンス」「中小企業支援」「農地・土地開発」「会社・法人」等自分の興味がわくものから、片っ端からVODです。教科書もありますが、研修資料がプリントできます。7月15日から始めたVOD研修も、今では既にファイルが6冊目になりました。(開業前にファックス、スキャナー付きの業務用プリンターを買っておいてよかった。インク代もばかになりません。)

 ともあれ、私にとってのミッション2は始まったばかりです。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

10月2日に、岡本栄税理士さんが、やって来ました。ブログ「事務所開業日は忙しい」2021.9.6で紹介した税務署から会計や青色申告の記帳指導を年4回行うというものです。 ブログ「ミッション3は会計処理(2)」2021.9.20に続くものにもなるかもしれません。前日の10月1日までに、9月中の会計整理を弥生会計で行い、税理士を待ちます。 事務所に来られた岡本税理士は広島で税務署職員をされていたといい