事業復活支援金~人と人の繋がりが次の仕事に繋がる!     2022.4.25


(山根良夫行政書士事務所のすぐそばの山口線を走るSLやまぐち号 4.17撮) 


 昨日4月24日日曜日は、朝9時から事業復活支援金の事前確認と申請サポートをしました。建設業の法人さんで、日曜日が助かるということで、行いました。(事業復活支援金の終わる5月末までは、土日も仕事ということにしています。)


 法人ということで、以前は何人かで仕事をしていたものの、コロナの影響もあり今は、一人で仕事をしているということでした。私は、事業復活支援金の業務を40人以上の方に行っていますが、傾向として商工会議所に頼める会員さんは商工会議所へ、税理士がいる方は税理士へ、私のように「会員限定なし」「地域限定なし」「テレビ会議対応」行政書士は、当初山口市で3人でした。そのうち、2人の行政書士は今は忙しくてやっていないといいます。その方たちから、紹介されたと言って連絡されてくるお客様もいます。その方たちは、組織に属していないからか、関係書類がそろわない、パソコン操作が苦手であるということが多くあります。ただ、そのような方こそ、事業復活支援金の恩恵が行き届かないといけないと思い、日々新しい出会いをしています。


 昨日のお客様も、「実は、私のお客さんで今建設業許可申請をしたいという方がいます。山根さんお願いできますか?」と言われます。私は、先日から、何件か建設キャリアアップシステムCCUSの技能者登録の連絡があるものの、仕事までは結びついてはいませんでした。(残念!)そして、建設キャリアアップシステムと関連性が強い建設業許可申請は、とてもやりたい仕事でした。「初めてやる仕事なので、少し時間はかかるかもしれませんが、勉強しながらやりますので、ぜひご紹介ください。」と、お願いしました。


 また、あるお客様は、「私は、今相続のことで相談できる方を探していました。弟と話して、また相談させてください。それと、弟の嫁は治療院をやっているので、事業復活支援金の相談にも乗ってやってください。」と紹介してくださいました。また、IT関連の会社を立ち上げた若い夫婦の方は、「山根さん、私たちがインスタグラムで山根さんのお仕事のことを紹介してあげます。山根さんももっとインスタグラムを活用したほうがいいですよ。写真を撮って、ハッシュタグをつけて、簡単な文書を載せれば、簡単にフォロワーが増えますよ。」(なるほど、インスタグラムはこうして使うのか、私はインスタはリンクさせてはいるものの、ほとんど開店休業状態でした。これから頑張るぞ。)またある人は、「隣接する農地のことで困っています。相談する方を探していました。」と言います。


 これらのお客様の声が少しでも実を結べば、事業復活支援金で苦労した甲斐があります。事業復活支援金も残すところ、あと1か月、お客様を大切にしながら、頑張っていきましょう。

閲覧数:86回0件のコメント