信用金庫の支店長さんに助言をもらう!    2021.10.3

更新日:2021年10月4日

 最近、私のお昼は、近所のお弁当屋さんにお弁当を買いに行くことが多くなっています。


 9月10日のその日も、昼過ぎにお弁当屋さんに行き、おかずやご飯を詰めてもらっている間に、店長さんに「事業継続支援金の20万円は申請しましたか?」という会話をしました。「今やっているところ。信用金庫で聞いたので、苦労してやっている」とのこと。


 ほー、信用金庫はいろいろ情報源なのですね。昨日、私の事務所(自宅)に信金の支店長さんと担当の方があいさつに来られました。当面、信金の融資は必要ないのですが、私のホームページの紹介をしておきました。「開業日2日以降も忙しい」(2021.9.7)で「非常にフレンドリー」と書いています。


 3時までに信金に行き、情報交換をしよう。支店長さんと担当の方と話をしました。「山根さんありがとうございました。昨日の話を聞いて、早速本店幹部に話してみんなでブログを読みました。フレンドリーと書いていただき、幹部も喜んでいました。」とのこと。私も、そんな風にこのブログを活用していただき、ありがたかったです。

 

 さて、支援金申請などには、多くの商店の方が苦労されています。今後、お手伝いが必要な方があれば、紹介してもらえることになりました。

 そこで、ひと言支店長さんから助言。「事業再構築補助金をやってみられたら、いかがですか?最高6千万円まで出ますから、大きいですよ。」私も、融資や大きい補助金は、これから手掛けてみたい分野です。支店長さんの助言に後押しされて、頑張ります。 

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月19日は、山口県行政書士会のリアルの業務研修会でした。研修会は、県行政書士会の顧問弁護士の中光弘治さんの「弁護士からみた遺言執行における留意点」の講義を中心になされました。私の9月9日のブログ「名刺配布は、最大のミッション(2)」で紹介したとおり、中光弁護士は、私の労働組合(全日本自治団体労働組合、略称自治労)の顧問弁護士でもありましたので、長いお付き合いがあります。 講義は、「第1章 遺言

昨日11月2日は、岡本栄税理士さんが2回目の会計指導に来る日です。通常の会計指導だけではなく、何点かお聞きしたいことがあるので、事前に電話を入れています。 10月30日の山口県よろず支援拠点のオンラインセミナーは、「事業主なら必聴!消費税インボイス制度の基礎知識」(髙田コーディネーター)でした。前回岡本税理士が、「参考に」と持ってこられた「適正請求書等保存方式の概要」(国税庁)をベースに講義をされ

今日は月初めで、とても忙しい日でした。 起きたらすぐに、昨日の衆議院選挙の結果のチェックです。朝日新聞と、日経新聞では最終結果が出ません。ネットで調べて、新聞に赤で訂正を入れます。なんと、与党側が意外に議席を減らしておらず、事前情報では議席増が伝えられた野党共闘した立民、共産の議席が減っています。野党共闘に入らなかった維新が大幅増と、いささか予測と違っていました。しかし、小選挙区制の中多くは、接戦