建設キャリアアップシステム認定アドバイザーに 俺はなる!!!!(4) 2021.10.8

更新日:2021年10月19日

 さて、いよいよ終了考査です。


 10月1日に、最終考査の問題のメールが来ました。10月4日からのはずなのに、やたら早い、まだ、実習課題を提出していない人がいるので、並行して取り組むようにとのこと。実習課題では苦労したので、考査の中身をサラッと点検しました。実習課題が代行申請入力であったのに対して択一式で、意外に行けるかも?


 翌日2日、気持ちを落ち着け、集中して考査20問に臨みます。午前9時スタート、正しいものはどれ?、誤っているものはどれ?今度は、今まで以上にテキストを読み込まないと、いけない。正しいものは?とあるのに、どう考えても2つ正しい。テキストに書いてないものもあるよね。ひっかけ問題もあるようです。後日担当者に聞くと、「確かに、答えが2つ、3つあるものもあります。それも併せて考査します。」とのこと。3つはなかったよね。


 完了して、メール送信したのが午前11時。苦労した実習課題のことを思うと、実習課題も出した方がよかったのでは、とも思います。合格発表は、10月18日。晴れて、「建設キャリアアップシステム認定アドバイザーに 俺はなる!!!!」と、言える日は来るでしょうか?(後日、結果報告します。)


 

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月14日に、山口県建設業協会主催の建設キャリアアップシステムCCUS制度説明・登録支援会に参加させていただきました。 当日は、予定以上の20業者が参加し、後半の登録支援会にも5業者程度の皆さんが参加していました。徐々に山口県でも、建設キャリアアップシステムCCUSに関する関心、必要性が出てきたのでしょう。最初は、国交省中国整備局計画・建設産業課から、「建設キャリアアップシステムについて」30分の

1月5日は、今年初めてのよろず支援拠点の齊藤コーディネーターの個別相談です。前回12月21日の個別相談からの一通りの報告をします。「ホームページを見てからの、私にとっては大きな仕事が来ました。」と報告すると、「ホームページにブログをこつこつ書いている成果が出ましたね。よかったです。」と、喜んでもらいました。 「それでは、早速建設キャリアアップシステム申請代行のホームページを作ってみましょうか?」口