建設キャリアアップシステム認定アドバイザー 合格通知が来た!!!! 2021.10.19

 昨日10月18日、このブログを書いていたら、メールが届いてきました。予告通り、建設キャリアアップシステム(CCUS)認定アドバイザーの合格通知が来ていました。


 併せて、CCUSホームページに載せる公表確認事項の質問がありましたので、答えて送りました。これで、後日CCUSホームページに全国の認定アドバイザーを検索できるようになるのですね。現在、多くて130名、最終的には、300名までにするそうです。

 「あなたのアピールポイントを書いてください」の欄には、①建設キャリアアップシステム認定アドバイザー取得。山口県第1号。県内の建設業の皆さんを応援します。②支援金補助金コンサルタント ③やまぐち高度技術者・研究者OB等人材バンク登録 の3点を記載しました。アピールポイントは、今年2月からの就職面接から何度も書いていますから、気恥ずかしさを乗り越えて、少しは自分を冷静に見ることができるようになったでしょうか?


 元気な山口支部長に連絡しようと思っていたら、別件で電話がかかってきました。合格通知のことを県支部副会長に連絡したほうがいいか問うと、「そうですね。まず、メールで簡潔に送った方がいいでしょう。それから、電話したほうがいいでしょう。併せて、県行政書士会事務局と私にも、メールをお願いします。」メールは、A4用紙1枚になりますので、面倒でもありますが、それも今の時代なのでしょう。印刷しておくと、記録にもなります。


 お昼前に、県副会長に電話すると、外出先から連絡が来ました。「メールはまだ見ていませんが、見ておきます。」メールの中で、熱く訴えたこと、「山口県の(建設キャリアアップシステム)公開事業者数は、2021年2月現在、800社以上、今後急速にこの数は増えていくでしょう。山口県行政書士会として、この仕事に早急に対応する必要があると思います。」県行政書士会としての、次なる一歩を期待しています。

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月14日に、山口県建設業協会主催の建設キャリアアップシステムCCUS制度説明・登録支援会に参加させていただきました。 当日は、予定以上の20業者が参加し、後半の登録支援会にも5業者程度の皆さんが参加していました。徐々に山口県でも、建設キャリアアップシステムCCUSに関する関心、必要性が出てきたのでしょう。最初は、国交省中国整備局計画・建設産業課から、「建設キャリアアップシステムについて」30分の

1月5日は、今年初めてのよろず支援拠点の齊藤コーディネーターの個別相談です。前回12月21日の個別相談からの一通りの報告をします。「ホームページを見てからの、私にとっては大きな仕事が来ました。」と報告すると、「ホームページにブログをこつこつ書いている成果が出ましたね。よかったです。」と、喜んでもらいました。 「それでは、早速建設キャリアアップシステム申請代行のホームページを作ってみましょうか?」口