待ってました新入会員研修会(1)  2021.9.14

更新日:2021年9月14日


 7月23日から3日間、山口県行政書士会新規会員研修会がありました。年に1度の新入会員のための研修会です。私は、この研修会に出るために6月中に入会手続きをしたのです。まさに、待ってました。


 内容は、「戸籍の見方と遺産分割協議書」、「業務上請求書の払出しと使用に関する研修」、「成年後見制度及び任意後見制度等の概要と手続」等々です。また、「コンプライアンス研修」は必須科目です。効果測定のある科目もあり、若い会員が早く提出するので焦りと緊張感も味わいました。


 上の写真は、研修風景です。眠たそうな人もおらず、熱心に聴講しました。(企画広報部の吉津行政書士から「研修会の感想と写真を出してもらえますか」と依頼があったので、趣味の写真と合わせて感想文を出しました。感想文は、次回「行政やまぐち」2022年1月号に掲載予定ということです。)

 (次回に続く)

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最初のお客様のAさんと話して感じたことは、中小企業はいろいろやることが多い、コロナ禍のこの1年半は特に経営的にも大変になっているということです。(行政書士事務所も同様ですが・・・)中小企業の支援を継続的に行いたい。私の仕事の柱の一つにできないものか?と強く思いました。 中小企業のコンサルタントは、国家資格としては中小企業診断士があります。必要であれば、資格を取ろうと思います。しかし、とりあえず、「