著作権相談員に 俺はなる!!!!(2) 2021.11.7

更新日:2021年11月12日

 本日は、10月31日ブログ「著作権相談員に 俺はなる!!!!(1)」の続編です。昨日は、土曜日でしたので、この2か月ブログを書き続けて、初めてお休みをしました。このタイトル「著作権相談員・・・(2)」に辿りつくには、それなりの経験を経なければできないだろうと、自分に言い聞かせていました。(そんな大げさなものでもないでしょうが・・・)


 今日ようやく書けるようになったのは、2回目のVOD(ビデオ)研修をやり上げ、さらに次のステップに進めたからです。前回のブログに書いたように1回目のVOD研修を終えテストを見ると、とても難しい、不合格になるかも・・・さて、どうしたものか?聞き漏らしたことがあるかもしれないから、2回目のVOD研修を受けよう、過去の著作権のVOD研修を聞いてみよう「著作権者不明等の裁定制度」「著作権分野の近年の動向」「著作権に関する契約実務」「著作権シンポジウム」等、関連しそうな研修があります。


 11月1日に県行政書士会事務局に「著作権相談員に皆さんなっていますか?山口県で著作権の仕事はありますか?」と聞きました。事務局長さんは、「著作権相談員になっておられる方はいますよ。しかし、仕事をしたという話は聞いていません。」モチベーションが下がりますね。


 しかし、ここまで来たのですから、落ち込んでばかりはおれません。11月12日には、次の大きな山、外国人の申請取次研修の申し込みが始まります。先着800名で何よりも30,000円の受講料がかかります。失敗するわけにはいきません。生活が懸かっています。


 ですから、この著作権相談員は早急に仕上げる必要があるのです。先に述べた「次のステップ」とは、過去のVOD研修ではありません。そんな時間はないぞ。実は、今回の著作権相談員の研修には、VOD研修の講師のテキストとは別に文化庁「著作権テキスト」「登録の手引き」「プログラム登録の手引き」「裁定の手引き」「著作権法」「著作権法施行令(抄)」が添付されています。両面コピーして全部で、私の愛用のコクヨ ソフトカラーファイル2冊分です。2回のVOD研修でも、テストの回答に自信が持てなかったのに、なんとよく分かるではありませんか?(当たり前だろ、という声も聞こえてきそうですが・・・)


 そんな訳で、「次のステップ」で、少し光が見えてきたような気がします。朝2時間学習しましたが、これから夜の学習に向かいます。今は修業の身ですから、土日祝日はありません。(汗)

閲覧数:302回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月24日、携帯電話のCメールに着信履歴がありました。留守番電話を聞いてみると、不審者や営業の電話ではなさそうです。 7月1日行政書士事務所を開業して、また7月21日ホームページを公開して、たくさんの営業の電話が架かってきます。「コピー機はいかかですか?」の手の営業は、すぐ断れるからいいのですが、「遺産や相続のことができる行政書士を探しています。私たちが、お客様を探して、行政書士の先生をあっせん

11月8日、著作権相談員の最終テストに臨みました。ブログ「著作権相談員に 俺はなる!!!!(1)」2021.10.31に書きました通り、このテストは、30問中21問以上の正答で合格となり、1回のみの回答制限があります。 計2回11日間のVOD(ビデオ)研修と、2日間の文化庁「著作権テキスト」等のテキストの独学を終えて臨んだ最終テストは、自分としては達成感はあります。判断に迷うところは何点かあるもの

先日、県行政書士会事務局から11月から12月までの5つの研修の紹介が来ました。その全てに参加することを、事務局に伝えました。 その中で、著作権相談員養成研修がありました。これは、政府の知的財産立国、また、文化庁の著作権行政を踏まえ、事業者や地域の著作権相談に対応できる行政書士を養成することを目的として、日本行政書士会連合会が2009年度から実施している研修制度です。現在(2021年9月)著作権相談